お手軽!iPhoneのiMovieだけで動画をキレイに作る方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-18-09-05

今回はビジネス用動画をiMovieだけで、手軽にキレイに作る方法についてお伝えします。現在は、iPhoneやAndroidのスマホを使っている方がほとんどでしょう。その中で、注目したいのが、iPhoneのアプリの一つであるiMovieです。

iMovieは何かというと動画を編集するアプリのことです。私はずっと前からiMovieをパソコンで使ってきました。しかし、現在のiMovieはiPhoneだけで手軽に使えます。しかも、パソコンを使わずに、iPhoneだけでクオリティーの高い編集が可能です。

なので、iPhoneを持っている人はぜひ活用してほしい内容です。また、実はAndroidにもiMovieのように高機能な動画編集アプリがあります。Androidの人でもスマホで動画編集ができると便利ですので、覚えておくことをオススメします。

 

1. iMovieのダウンロードは無料?有料?

iMovieは有料なのでしょうか?無料なのでしょうか?これについては、iPhoneのバージョンによります。機種によっては無料で入っていることがあります。入っていない場合は、アプリをダウンロードしましょう。価格は現在の時点では600円です。

また、iMovieはiPadでも使えます。「iPhoneの画面より大きな画面で編集作業をしたい」という人は、iPadにiMovieをインストールしてもいいでしょう。iPadもバージョンによっては最初からiMovieがインストールされている機種もあるので、一度iMovieが入っているか確認をしてみましょう。

 

2.iPhone(スマホ)とiMovieでビジネス動画が作れる!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-18-09-05それでは、この章ではiMovieを使ってキレイな動画を作るちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。どれもカンタンにできることです。ただ、意外と見逃している人が多いので、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.まずは動画素材の撮影から

当然のように聞こえるかもしれませんが、動画の元になる素材の映像が良くないとキレイな動画を作ることは難しいです。ではどんなことに気をつければいいのでしょうか?やってしまいがちなのですが、iPhoneを手で持って撮影してしまうと手ぶれが発生して、動画が小刻みに揺れてしまいキレイな動画になりにくいです。なので、机などの上にiPhoneを置いて手ぶれが発生しないようにしましょう。

また、後で動画にするということを考えて余計なものが映らないように気を配りましょう。なお、ズーム機能を使うと画像が荒くなりがちです。なので、できるだけ撮影する対象にiPhoneを近づけて撮ることもオススメです。

 

2-2.機能を把握する

iMovieでどんなことができるのかという機能を把握しておくことがキレイな動画を作るための近道になります。iMovieには単純に動画をカットしたり、つないだりという基本的な編集機能の他に、さまざまな機能が搭載されています。よって、どんな機能があるのか把握しておきましょう。具体的な機能については次の章で詳しく紹介します。

2-3.編集の回数をこなす

iPhoneのiMovieは直感的に操作ができるアプリです。しかし、編集の回数を重ねることがキレイな動画を作る秘訣です。最初のうちは手探りかもしれませんが、何本か動画を編集していくうちに編集技術が上達していきます。そのため、習うより慣れろで楽しみながらiMovieを使っていきましょう。

 

3.iMovieの機能と使い方

それでは、iMovieでできることを紹介します。「iMovieを手に入れれば、映画制作に必要なものが全部手に入る」と発売元のApple社が言っているほど、さまざまな機能が搭載されています。ここでは覚えておきたい主な機能について紹介をします。

 

3-1.字幕や音楽の追加など多彩な編集機能

iMovieは動画編集アプリなので、撮影した動画を編集することができます。たとえば、途中をカットしたり動画をつないだり、フェードアウトなど。さらに音楽をつけたり字幕をつけたり、さまざまな編集がスマホ内で全部できます。

特に音楽が豪華で、iPhoneのiMovieの中に入っている音楽はロンドン交響音楽団など世界レベルの音楽家が関わっている音楽です。細かいところにもこだわるのはApple社らしい仕様ですね。

今までなら、撮影した動画をパソコンに取り込んで、パソコンで編集をする必要がありました。しかし、パソコンを使わなくても、iPhoneだけで編集ができるので、非常に手軽です。

 

3-2.ハリウッド式の予告編機能

そして、iMovieでは、映画の予告編のような動画を作る機能があります。予告編の機能では、「こういう起承転結にしてください」や「こんなカット入れてください」と指示が出てきます。それに応じて動画や写真を入れるだけで、最終的にかっこいい予告編みたいなものができるということです。

指示に従うだけで、人を惹きつける動画を作ることができるので、この機能はぜひ使えるようにしておいてください。予告編の機能にはさまざまなテンプレートが用意されています。なので、自分に合ったテンプレートを使うとカンタンに予告編のような動画を作ることができます。

 

3-3.高画質な動画の編集

iMovieでは高画質な動画の編集ができます。HDだけにとどまらず、最近の機種では4Kという画質がいいものまでiPhone上で編集することが可能です。最近はどんどん動画の画質が上がっているので、HDや4Kといった高画質な動画の編集ができるのは嬉しい仕様ですね。

 

3-4.保存にとどまらないアップロード機能

iMovieを使うとかなり効果的な動画が作ることができる上に、さらに嬉しい機能があります。それは、動画を編集して保存するだけではなく、YouTubeにアップロードできる機能です。編集した動画をパソコンに送って、YouTubeにアップロードするという面倒なことをしなくても、iPhoneだけで、YouTubeにアップロードすることができるので、とても便利です。

また、保存した動画をメッセンジャーなどで送ることもできるので、非常にカンタンに動画を共有することができます。

 

3-5.iPadやMacなどとの連携機能

「iPhoneで動画編集するとどうしても細かいところが編集しづらい」と感じる人もいるかもしれません。そんな人に耳寄りな機能があります。iPadやMacに動画の編集を引き継げる機能です。

iPhoneで動画を編集していて、「だいぶ編集できたけど、もう少し細かい編集までやりたいな」と思ったら、その編集データをiPadやMacに連携することができます。なので、おおまかな編集は移動時間中にやっておいて、細かい編集は家に帰ってから行うということもできます。

 

4.Androidの動画編集アプリ

「私はAndroidのスマホなので、iPhoneのiMovieは使えないよ」という人もいるでしょう。ですが、安心してください。Androidのスマホにもいろいろな動画の編集アプリが用意されています。個人的に手軽に使えると思うのは「VivaVideo」というアプリです。

VivaVideoの特徴は、非常に手軽に動画編集ができることです。直感的に操作ができます。音楽をつけたり、文字やスタンプを入れたり、いろいろな編集を行うことが可能です。海外ドラマのように笑い声を入れたりもできるので、いろいろと試してみると面白いでしょう。

また、iMovieと同じく、編集した動画をスマホからアップロードすることができます。無料版と有料版がありますが、無料版でも5分以内の動画まで編集できるので、十分に使えると思います。

 

5.まとめ

以前なら、動画を編集しようと思うと動画のデータをビデオカメラからパソコンに取り込んで、編集したらYouTubeなどの動画サイトにアップロードしてと割と手間がかかる作業でした。

しかし、今はパソコンがなくてもiPhoneだけで、手軽に動画を編集してアップロードすることができます。iMovieにはさまざまな機能が搭載されているため、使い慣れてくるとキレイな動画をどんどん作成できるようになっていきます。

何万円もするビデオカメラや編集ソフトを買わなくても動画を作れるので、スマホを持っている人はぜひ動画の作成を試してみてください。慣れてくると意外に面白いと感じると思います。

続きの動画は、下記↓↓にあります↓

7present

 

下記無料メール講座では、この他にもビジネスを有利に進める方法をご紹介しています。ご興味のある方はこちらをクリックしてください↓1万5千人が購読中!。

mailbnr

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る