たった1日で創れる!オンラインスクールの始め方

もし、オンラインスクールをたった1日で開校できたなら?

塾やスクールは、たった1日で誰でも開校する事ができます。

『え!そんなのムリにきまってるでしょ!?』

いえいえ。オンラインスクールなら可能です。

さらに、研修や、検定、協会運営まで、
時間や場所に成約されず、
1000人や、1万人でも、
最大限に価値を提供する事が出来るのです。

こんにちは。

IT/AIコンサルタントの市村よしなりです。

私は、10年前から、
オンラインスクールを自ら運営し、
沢山の企業や個人オーナーに、
オンラインスクールや
Eラーニングの仕組みを提供してきました。

『皆、オンラインにすればよいのに!』

そう思って普及を推進してきましたが、
多くの方が、
オンライン化のイメージが出来ず、
これだけオンライン化された世の中で、
スクールのオンライン化は、
まだまだ進んでません。

しかし近年、
システムの大幅な進化により、
リアルのスクールを
遥かに超えた、
機能と便利さ、
コストのやすさ、
自動化の仕組みが、
オンラインスクールにはあります。

◎いつか、自分や会社で塾やスクールを開校してみたい
◎コンテンツをオンラインで配信してみたい
◎研修をオンラインで行ってみたい
◎検定や協会をオンラインで運営してみたい
◎決済や継続課金もオンラインで行いたい
◎無料から始めてみたい
◎完全自動化の仕組みを手に入れたい

そんな方へ。

スクール・研修・協会を自動化出来る!

『たった1日で創れる!オンラインスクールの始め方』

 

 

ダイジェスト動画を公開します。

続きを御覧になりたい方はこちらから

(3日間限定で無料公開しています)

 

 

 

========================

02:43 オンラインスクールの実績
02:50 本田健さんオンラインスクール
03:25 オンラインスクールであれば受講生が視聴した範囲を把握することができる
03:37 視聴可能な範囲を細かく設定できる
03:42 テストもオンラインですることができる
03:55 岩瀬さんのオンラインスクール
05:05 オンラインスクールとは?
05:20 Eラーニングの市場規模
05:52 Eラーニング導入のメリット
06:57 具体的なEラーニングの説明
07:03 タブレットやスマホで学習することができる
07:15 学校や塾でも導入する例が増えている
07:41 オンラインであれば全員が一番面白い先生から学ぶことができる
08:16 売上が伸びているコンテンツホルダーは続々とオンライン化を進めている
08:34 集客から資格発行まで全ての作業を自動化する
09:14 仕組み化できている人が横にいないと自分自身が仕組み化することは難しい
09:57 オンラインスクールの様々な機能
11:07 受講生同士が質問に答え合う
11:15 教材を販売することができる
11:52 現実に学校でやっていることをほぼ全てオンラインで自動化できる
12:36 先生も生徒も無駄を省いて効率的になる
12:57 YouTuberよりビジネスで稼げ!
14:04 再生回数あたりの収益は?
16:09 スマホで動画撮影するためのグッズ
16:40 自撮り棒
17:24 フレキシブル三脚
17:37 ネット配信用機材
17:57 WEBカメラ
18:32 スマホで配信することも可能です
18:46 マイク
18:50 動画配信では音声が重要です
19:38 ヘッドセット
20:00 音声が聞き取りにくいとストレスになる
20:20 簡単&プロ級セミナー撮影用機材
20:42 三脚
20:59 照明
21:41 SDカード
22:16 ビデオカメラ
22:20 ハイビジョン以上のカメラがマスト
22:45 ワイヤレスピンマイクなども用意しましょう
22:53 上位機種のカメラ
24:40 上位版のマイク
24:56 ワイヤレスマイク
25:22 上位版のワイヤレスマイク
25:49 その他のセミナー用機材
26:25 リモコン付きのカメラは重宝します
27:31 短焦点プロジェクター
27:46 スクリーンとの距離が短くても画像を投影することができる
28:13 フィンガープレゼンター
28:30 パワポ操作用リモコン
29:07 Apple TV
29:13 AppleTVを介してモニターに映している
29:24 ライブ配信機器「LiveShell」
30:01 パソコンがなくても動画配信ができる
30:48 撮影お役立ちグッズ
30:58 ドローン
32:00 スタビライザー
33:15 360度カメラ
34:00 オンラインスクール用の動画作成
34:16 ①板書表示
34:51 ②PC画面投影
35:55 ③書画カメラ方式
36:12 カメラの角度を調整して固定する「ブーム」
36:35 手書きしている風景を動画にする
37:08 ④合成音声
37:30 テキスト読み上げソフトで音声化
38:18 PowerPointの録画機能でも動画作成できる
39:03 ⑤パワポ+講師
39:33 PowerPointでもワイプ画像が作れる
40:47 iPadでの撮影
41:26 iPadに映る自分を見ながら撮影できる
41:39 マイクを別途用意するとなお良い
41:58 画面操作の撮影補助ツール
42:06 画面キャプチャー
42:15 WindowsではSnippingTool か Bandicam
43:02 Macの場合は QuickTimePlayer
43:37 配信・録画支援ソフト
44:02 画面のスイッチングができる
44:12 動画編集ツール
44:18 YouTubeの動画加工ツールが優秀
44:54 Windowsムービーメーカー
45:29 Mac iMovie
46:01 オンライン自動システムにおまかせ
46:42 Eラーニングシステム「edulio」
47:07 多言語対応・マルチリージョン
47:47 スマホやタブレットにも対応
48:16 様々な形式のテストが可能
50:05 実践会Onlineもこのシステムを使っています
51:34 実際の画面を見てみます
52:05 Facebookグループとオンラインスクールを併用することをお勧めします
52:42 認定資格の発行もオンライン
53:28 実際にテストを行ってみます
54:22 解答と解説を表示させることもできる
54:30 時間の計測も可能
55:54 認定を受けた人は用意されているシステムを使用することができる
56:43 実際の管理画面
56:57 販売管理・アンケート管理・顧客管理など
57:37 【質問】記述式の回答に対して講師側からやり取りなどはできますか?
58:43 個別対応は自動化しにくいのでEラーニングには向いていない面もある
59:36 【質問】これは中国でも使えますか?
01:00:18 【質問】課題の答案を一覧で見られるのは管理者ですか?
01:01:26 漠然としたアイデアでもいいので皆さんでお互いにシェアしてみてください

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る